A fish on the leaf of the banana.

マスコミはどうかしている

どうして
地震で家族を失った少年が
カメラの前で心境を話さなくてはならないのか。

前に
あるレポーターが言っていた
「後で必ず
あの時気持ちを話しておいてよかった
そう思うときがくるんです。
だから私はマイクをむけるのです」
それは
破局した芸能人や
借金まみれになった俳優とか
そういう人の場合でしょ。

新潟地震の報道でも思った。
被害の深刻さを伝える手段に
そんなやり方が必要なのか。

今回の地震
もし自分が被災したのなら・・
そう思って
ボランティアに赴いたり募金をしたり
それと同じように
もし自分があの少年の立場なら と
カメラやマイクをむける人達は
そんなことを想像したりしないのだろうか。
それでも自分たちには報道する義務がある
なんて
腐ったこと 考えているのだろう。

亡くなった人の中には
家族の意向で名前を公表していない人もいる。
意向を示さなければ
本人や家族の意志とは関係なく
名前や消息は公表されるということらしい。

ホントは逆じゃない?
公表の意向を示したときのみ報道されるべき。
それではだめなの?

あの少年の会見
カメラ叩き壊して
マイクへし折って
マスコミみんなぶん殴ってやりたい。

でも
そんな怒りのエネルギーは
自分に出来る援助を考える方に
今はまわそう。
[PR]
by lotus-moon | 2005-01-07 13:28 | 驚いたこと