A fish on the leaf of the banana.

いつになく必死だった私

わたくし
今朝目が覚めるギリギリまで夢を見ていました。
しかも夢の中で
狂言自殺していました。

b0015260_14111830.jpg泣き叫んで私は
なんと
トイレの洗剤を飲みました。

トイレの洗剤を こう
がーっと
口に入れて飲んだ フリをしました。

しかし
家族には狂言なのがバレバレで
私は必死で
うぐうぐっとのどを鳴らして
飲んでいるように装いました。 

ほら
私はこんなもの飲んじゃったよ
オエッ
となっても飲み込むよ

私の必死さを
家族は
あー ハイハイ
しょうがねえなぁと見守ります。

洗剤を飲んで(いないけど)
ヨロヨロ歩きながら(ホントは平気なのに)
道行く知らない人が手を貸してくれて
「あなたの家族でしょ」
と 私の家族に声をかけてくれたとき
「いえ,知らない人です」
と言われて

なんで私はこんなに必死なのか。
ここまで必死なら
なぜそれが フリ なのか。
自問自答を繰り返していました。
でも結局
「いっそ 本当に飲め!」とはならず。

久々に
新しいパターン(というかシチュエーション)の夢でした。
必死なのに
必死の論点がずれている私。
ああ 私っぽい。
[PR]
by lotus-moon | 2005-02-14 07:00 | アホなこと