A fish on the leaf of the banana.

リコーダー狂想曲


上の子がソプラノリコーダーを買った。
3年生になったら音楽の授業で使うのだ。
注文したリコーダーが届いて大騒ぎ。
こうなると
なんでも「お兄ちゃんと一緒星人」の下の子が黙っていない。

「○○(自分の名前)もやりたい!」

アンタ,まだ5歳なんだから無理でしょ・・
と思いつつも
目の前で兄が上手く吹けもしない笛をピープーやっていたら
あと3年我慢しな,というのも酷なことだろう。

「お兄ちゃんは学校で笛の練習するから
 ○○はお母さんと練習してみる?」
と提案してみると
「うん!やるやる!」

早速ネットでソプラノリコーダーを探してみる。
小学校で買った笛が3000円だから
2000円くらいで買えないものだろうか・・・
検索して・・
価格が安い順に並べかえて・・
一番安いのは・・



どひぃぃぃ~~!!   



220円(税込み)

すげー。。。

送料が本体の3倍以上なのがアレだが
これなら心おきなく私の分も買えるぞ。
ということで取り寄せた。こういう仕事は早いのだ(仕事か?)
b0015260_1659038.jpg
息子はグリーン,私はピンク。
おもいっきりプラスチックな素材だが,いいのいいの。
どうせ遊びなんだし。
でも,中には黒檀やローズウッド,人工象牙を使った
何万もするリコーダーもありました。
才能あるリコーダー奏者が奏でれば
きっとつややかな音色を聴かせてくれるのだろう。。
ウチはピープーで楽しく,それもまたよし。

届いたリコーダーを組み立てて
アマリリスなんぞ演奏してみる。
「すごい!おかあさん,スゴイ!」
「どうやるの!教えて!」
息子達の絶賛賞賛雨あられを受けて得意げな私。
それに
一緒にピープーやっているとうるさくないのよ^^
しまった!
旦那の分も注文してあげるんだった。
[PR]
by lotus-moon | 2005-03-08 17:11 | 楽しいこと