A fish on the leaf of the banana.

丼間違事件

-これはある心の狭い主婦のお話-
 

楽天のとあるお店で桔梗模様の丼を買った。
届いた丼は,私が注文したものとは明らかに違っていた。

メールでそのことを問い合わせようかと思ったが
面倒だったので電話をかけた。
担当者が出掛けているので戻り次第電話をする
そう約束した。

相手が注文した丼を改めて送くるのは当然だが
間違って届いた丼を私が送り返すのは面倒くさい。
いくら着払いといっても
箱に詰めて宅急便を扱っているところまで持っていって・・
その私の労苦は誰が保証してくれるのか(大袈裟
「案外,その丼はそのままお使い下さいとか 言ってくるかもよ」
などと旦那が言うので
おお,そんなことになったら嬉しいが,だったら
間違って届いた丼の画像を相手に送っておくのが
スジというものだろう
と,私は急いで丼の画像をメールに添付して送った。
そして担当からの連絡を待った。

待った。

相当待った。

・・・・・。

ヒマな主婦の私にも予定がある。
しびれを切らして電話すると
「メールでお返事しましたが・・」
と。

はたして
メールチェックをしたら私が出したメールに「Re:」で返事が来ていた。
丁寧に
間違えたことを詫び
正しい丼を今日発送すること
間違って送ってしまった丼は邪魔でなければ使って欲しいこと
電話もいただいてお手数をかけさせて申し訳なかったと
綴られている。

でも
私は「電話する」と言ったから「電話を待っていた」のだ。
メールしたのは
話しをする上で相手と行き違いがないように画像を送るためだっだ。
たぶん
担当者はクレームに電話で応えるよりもメールを選んだのだろう。
その方が楽だから。

私は腹が立ったので
「間違って届いた丼は送り返します」と言った。
それについても,こちらが
「着払いでいいですよね」と言うまで送料についてのコメントなし。

店としては
間違って送った丼の代金を損しなくて済んだということになるのだろうか。
私はブラックリストに載るくらいのクレーマーなので
「何かあったとき」の対応が悪いと
孫の代までその商品を使うなとか平気で言う。
反対に,「何かあったとき」の対応が良いと
自分のお気に入りにいれて何かにつけて愛用し,他の人にも宣伝しまくる。

今回の場合
もし私が最初からメールで全てのやり取りをしていたら
「ちゃんと謝っているし,間違えた丼は使って良いなんてラッキー」と
このお店を「お気に入り」に入れていたかもしれない。
だから
色々腹は立ったけど「孫の代まで・・」なんてことは言わずに
また縁があったら買っても良いかなと思っている(偉そうに。。
[PR]
by lotus-moon | 2005-03-16 15:10 | アホなこと