A fish on the leaf of the banana.

危険と責任

今日の朝私は
地区の小学生の集団登校に同伴して学校まで行って来た。
旦那がいなかったので
下の子ひとりを家に置いて行くわけにもいかず
子供達の後ろを下の子の手を引いてついていった。

土曜の夜に町内で傷害事件が起きた。
二人のタイ人が刺され,刺したタイ人は逃走中なのだ。
学校側から特に集団登校の要請はしないが
各地区で相談して実施を決めてほしいとのこと。
私の地区は事件のあった地区の隣なので
保護者引率で集団登校をすることに決めた。
そこで郊外生活部(どんな部なのか未だに理解していない^-^;)
役員の私は子供と一緒に学校まで行った次第である。

しかし
事件のその後がまったくわからない。
テレビでの報道もなく
有線での放送もない(ようだ。わが家には有線がきていない)
警察がパトロールしている様子もないし・・
どうなっているのだろう
と思っているところにまた連絡がきた。

学校側としては
特別に集団登校及び集団下校を実施する予定はないので
各地区ごとの判断で実施してほしい。

事件の詳細はなんだかハッキリしないまま
何かあったときの責任の所在だけはハッキリさせておこう
というところだろうか。

かといって
学校側から委ねられたこの決めごとを
私たち役員だけで判断し決定するというのも難しく

各家庭ごとの判断で子供の登下校のやり方を決めてほしい


丸投げ的な結論を出してしまいそうな予感。
[PR]
by lotus-moon | 2005-05-16 13:35 | 静かなこと