A fish on the leaf of the banana.

チーズケーキ放浪記~旅路の終わり~


私は今まで
何処でどんなチーズケーキを買ってきても
色んなレシピでチーズケーキを作ってみても

「なんか,違う・・」

という思いが常に頭の片隅にあった。
私にとっての究極のチーズケーキは
30年くらい前に母が作ってくれたチーズケーキ。

仕事を辞めた母が
専業主婦となって
突然爆発したお菓子作り欲。
その時
いなり挑戦した(無謀)
チーズケーキの味が忘れられない。

・・多分失敗だったのだと思う。
表面が焦げていた。
でも
チーズの濃厚な味と,すっぱすぎるくらいの風味が独特で
あれを超える味に今まで出会っていない。

母にレシピを尋ねたが
「全く憶えていない」そうで
もしかして
”初めて母が作ってくれたケーキ”という事象が
勝手に思い出をデコレーションしてしまい
実際に存在しない味を
私の脳内にとどめているだけかも・・
という気さえしてきた。

そんなチーズケーキをさすらう私が
本日 適当に作ったこのチーズケーキ。
b0015260_2124553.jpg
食べた瞬間,30年前にタイムスリップ
まさにこの味,母のチーズケーキ。
ああ
長く辛かった放浪の旅の終わりがこんなところに・・
(長かったが,辛くなかった実際は。。)

ありふれたレシピ。
だけど
一ヶ所だけ私は変更して作っていた。
それは「レモンの分量」
大さじ1のところを
レモン1コ丸々搾って入れてしまいました。
・・だって残したってしょうがないしめんどくさかったんだもん。

斯くして
サワークリームを使っても再現できなかった
母の「すっぱすぎる」チーズケーキがここに甦った。

母も多分あの時
レモンを大さじ1だけ搾ってというのが面倒で
全部まるっと入れた口だな。。

思い出の味は,面倒くさがり親子の為せる味だったか。
 
[PR]
by lotus-moon | 2005-06-22 21:10 | アホなこと