A fish on the leaf of the banana.

車の修理



車のフロントガラスにヒビが入ってしまったので修理した。

走行中に小石でも当たったのだろうが
その時は全く気付かず
朝夕の寒暖の差でピシピシッとヒビが大きくなってきて気がついた。


b0015260_11263948.jpg


日ごと成長する姿は愛らしくもあったが
突然崩壊しても困るので交換することに。
そしてなんと
今回初めて保険を使って修理することにしてみたのだ。

車をディーラに持っていくと
「純正のフロントガラスじゃなくて,お値段は二倍になりますが
 上部にスモークの入ったガラスにしましょうか?保険だし,この際」
と 持ちかけられた。
なんでも,スモークが入っているので車内の温度が上がりにくいのだそうだ。
せっかく保険を使うのだから,いいじゃないか。
そうしよう。
と お得気分が盛り上がっていると
ディーラーのお兄さん

「今なら期間限定で純正のものと同じお値段で取り付けられるんですよ」って

・・・ちょっとありがたみが減った。。

スモーク入りガラス越しの眺めはこんな感じ。

b0015260_11271352.jpg



青い
空が青すぎる。
こういうのって,観光バスとか高級セダンなんかに使われているようなイメージで
わが家のコンパクトミニバンにはなんだか似合わないなぁ。

ところで
修理の間レンタカーに乗っていたのだが
(これも保険の範囲^^)
用意された車が,自家用車よりグレードの高い車。
カーナビまでついていて,用もないのに息子とドライブしてしまった。
こんな車もいいなぁという気分になったし
息子達はカーナビ欲しいと騒ぎ立てる(多分テレビと勘違い)

これは・・ディーラーの作戦か。。

 




昔わが家では,必要最低限の任意保険にしか入っていなかった。
対人・対物などの事故を起こしたときに相手の車を修理したり
ケガ,もしくは亡くなってしまった場合の保証に重きを置いて
車両保険(偶然な事故によって、車に損害が生じた場合に適用される保険)
には入っていなかったのだ。

10年前
信号待ちをしているわが家の車に
交差点に猛スピードで侵入して廻りきれなかった車が衝突した。
お互いの車がかなり壊れたが
幸い,私も旦那もケガはしなかった。

その時ぶつかってきた車の運転手が保険未加入だった。
私たちの入っていた保険では
事故を起こしたとき相手の車の修理は保証できたのだが
自分たちの車を治すことが出来ない。
本来,私たちの車の修理を保証してくれるはずの相手も保険には入っておらず
結局,私たちは自費で自分の車の修理をした。

相手には修理代を振り込むように約束させたが
最初の一回3万円を振り込んだだけ。
だいたい 事故の直後も
そこにいた私たちが悪いと言わんばかりの口調で(信号待ちなのに)
自分が保険に入っていないから自分の車が直らないという心配ばかり
(というか,10:0で自分が悪いんだから直らないっつーの)
後日こちらが出向くと
事故のせいで動けないなどと言って部屋で寝ている。。
さらに信じられないことにこの男の仕事はタクシードライバーだという。

もうこれ以上こんな人間とかかわりたくない
という旦那の意見を尊重して
結局それ以上なにもしなかった。
(私としては・・必殺仕事人を雇いたいくらいだったが)

このような場合
私たちが車両保険もしくは無保険車傷害保険に入っていれば
車の修理代は自分の保険会社が保証をしてくれて
あんなでたらめなドライバーとの交渉も保険会社の人が行ってくれて
相手が
保険に入ってなかろうと
金が無かろうと 
バシバシ取り立ててくれるのだ。

私たちは悪くなかった。
だけど
こういうことになることがあるのだ
ということがわかったという経験。

それ以来
わが家では車両保険に入るようにしている。

事故は
自分が起こすのも,誰かの巻き添えを食らうのも絶対嫌だ。
でも今回のような修理は
コツコツ支払ってきた保険料をパ~ッと使えたようで嬉しかったかな^^

 
 
[PR]
by lotus-moon | 2005-09-27 12:10 | 静かなこと