A fish on the leaf of the banana.

豆色々



庭先で豆の鞘取りを少しお手伝い。
もいで乾燥させた鞘から豆を取り出す。


b0015260_1132848.jpg


豆は三種類。



b0015260_1110566.jpg


みんなインゲンの仲間のようだ。
黒と紫の紫花豆は長野県のお土産でよく見かける。
この豆を煮るのはとても難しい。
上手く煮ないと皮が固いままになってしまう・・らしい。

白と紫の花豆は簡単に煮えて(私でも^^)
美味しいよ。

でも
今回私が気になったのはコレ


b0015260_11215818.jpg


姪っ子は「パンダマメ」と言っていた。
「シャチマメ」という呼び名もあるらしい。
どとらも,豆の色合いそのまま言い表していて
カワイイ名前だ。

煮豆にしたらどんなだろう・・
ということで少しもらってきたよ。


b0015260_1128111.jpg


 





一晩水につけた豆を見たとき
なんとなく予想はしていたのだが・・



b0015260_1149863.jpg


やっぱり
色は薄くなってしまうのか・・・(´・ω・`)ショボーン

黒豆だって黒く煮上げるために古釘をいれるくらいだし
(そのまま煮ると紫色に煮上がるので”ぶどう豆”と呼ばれるらしい)
当然といえば当然か。

でも
シャチの目(実際は目ではないが)までハッキリしなくなっちゃって
さみしいよ~


b0015260_11492831.jpg


しかし
いつまでたっても煮豆素人の私なので
今回もおもいっきり煮くずれてしまいました。
豆は奥が深いですね。。
 
[PR]
by lotus-moon | 2005-11-14 11:27 | 驚いたこと