A fish on the leaf of the banana.

悪意のないヒト



今朝,ふとしたきっかけで
私はある人の負のエネルギーに満ちた発言に触れてしまい
とても落ち込んだ。

その人はその言葉を
面と向かって私に発したわけでもなく
更に言えば,私個人に向けての言葉だったわけでもないのだが
私はとにかくその言葉に囚われてしまっていた。

その言葉に悪意があるなら
こちらもそれなりの力で応えるかもしれないし
はなっから相手にしないことだって出来るけれど
その人の
どうしようもないほどの悲しい状況を考えると
仕方ないような気がして
それなのにその人のことを「卑屈だ」などと思い始めている自分が
今度は嫌になって もっと落ち込んだ。

「こんな話を聞かされて気分が悪くなるかもしれないけど・・」
そう前置きして
お昼を食べに家に帰ってきた旦那に今朝の出来事と私の気持ちを話した。


その人の発言は
その人の現状と同じく「気の毒」でしかない


私の諸々を聞き終えて 旦那はそう言った。
私が間違っているわけではない。
ただ
私はそういう負の力にはあからさまな影響を受けて
落ち込んだり
飲み込まれたりするから
今後一切そこには近づかない方がいいと。

そっか
そうなのか~と,今回も吐き出してスッキリした私は
旦那に感謝しつつ
「冷静な意見をありがとう」とお礼を言った。
すると旦那は
「いや~,悪意のないヒトの嫌がらせには慣れているから~」と言うので
ふむふむ
旦那の職場にもそういう人がいるんだなぁ・・
なんて納得していたら

「・・あ!○○(私)のことじゃないからね(゚∀゚;)」って





                                  私かよ!!ヽ(`Д´)ノ


b0015260_1434532.jpg


 
[PR]
by lotus-moon | 2005-11-21 14:26 | アホなこと