A fish on the leaf of the banana.

横浜のお土産



旦那が出張から戻ってくるときに
お土産は「シウマイ?」とメールで尋ねてきた。
それはバスの他のお客様の迷惑になるからダメということで
何かお菓子にして,と伝えた。
子供達に希望を聞けば
「ひよこ」だの「信玄餅」だのになってしまう。
それだけは阻止して
あとは旦那のセンスに任せよう。

任せよう,と言いつつ
ランドマークタワーにあるマフィンが食べたい!
と出張中何度もメールを送り続けた私であるが。。

期待高まる中
旦那が買ってきてくれたお土産は
小さな月餅とラムボールというお菓子だった。
月餅は上の子とドーム観戦をしたときの思い出のお菓子らしい。
宿泊先が中華街だったのも決定の一因か。
ラムボールは横浜・元町,喜久屋洋菓子店の看板商品で
一緒に研修を受けた知人お勧めの一品だそうだ。
その人は奥様に頼まれて,いつもラムボールを買って帰るらしい。

これ
すごく大きい。
直径5㌢はあったと思う。
(写真,撮り忘れました。↑のリンク先で勇姿を御覧あれ^^)

この商品には洋酒が含まれています。
お子様やアルコールに過敏な方はご遠慮ください


という注意書きも読まずにパクリといった上の子が
ぼは~っ!!
という奇声を上げる。
続いて下の子が「ぼぉ~・・・ダメ」と,かじりついたラムボールを私に差し出す。
大人の味なんだなぁ。。

そういう私も,最初ひとくち食べたとき
ボホホとか,息子達と同じようなリアクションをとってしまったのだけど。。

この味は時が経つにつれて記憶に深く刻まれる味かもしれない。
強いラムの風味にボーボー言っていたくせに
絶対また横浜に行ったら買ってきて,って言っちゃいそうだもん。

 
[PR]
by lotus-moon | 2005-12-12 13:54 | アホなこと