A fish on the leaf of the banana.

インフルエンザの思い出



下のエントリでも触れたが
私は今までインフルエンザになったことがない。
旦那も然り,息子達もまた然り。
・・これって稀なことなのだろうか?

それでも 記憶の糸を手繰っていくと・・
十数年前の冬
急な発熱で体中が痛く動けなくなり
ベッドに横になっても苦しさから眠ることもできず
一晩中NHKのルーブル美術館の再放送(全話一気)を
見て夜を明かしたことがあった。
当時一緒に住んでいた人(って,今の旦那だが)も
ほぼ同時に同じような症状を訴え
医者に行くことも出来ずに

「これが世に言うインフルエンザか・・」

と二人でウンウン唸っていた。
明け方,ふと見ると旦那が台所へ行ってリンゴをむいている。
腹が減ったらしい。
「食べる?」と私にも差し出すのだが
それまでのあまりの具合悪さから「絶対喰えない」と思ったものの

あら不思議

リンゴはひんやり美味しくて
具合の悪さはスーッと消えてしまった。
旦那も同じだったらしい。

いやー,インフルエンザ治ったね。

なんて二人で話したけど
具合悪かった期間,約一日。
絶対インフルエンザじゃないよ!
過去の私たち!

ということで
タイトル違います。
インフルエンザじゃなかった思い出,でした。

一晩ものすごい高熱を出して
すぐに腹減った・・
とか言い出す,息子達の風邪の引き方を見ていると
これって
ウチの家族のリセット方?とか思えたりもする今日この頃。。



b0015260_19505814.jpg



 
[PR]
by lotus-moon | 2006-01-25 20:22 | アホなこと