A fish on the leaf of the banana.

胃カメラ体験記



初呑してきました。

まずは検査のための前処理。
最初に乳白色の「お腹の薬」を飲んでから
肩に胃の動きを抑える注射。
その後,ゼリー状の麻酔薬を口に含んで5分。
味は刺激の強いチェリーコークのような感じ。
「ノドの奥の方にためるようにして」と看護士さんに言われたので
上を向いて薬をノドの奥の方に流そうとするのだけど
なぜだかそれをしようとするとこみ上げてきてしまい上手くいかない。
口の中(主に舌)ばかりどんどん麻痺してきて
メチャクチャ焦って苦しかった。

気を紛らわせるために写真を撮ったり↓ とにかく5分が長かった。


b0015260_13514847.jpg


自分で撮った写真のベッドに横になって
先生の登場を待つのだが
ベッドの高さが1㍍チョイくらいまで上げられていて
まさにまな板の鯉状態の自分の姿がやや情けない。

「カメラを入れながら先生が色々話しかけてくるけど無視してね」
という看護士さんの最終アドバイスの後先生登場。

私が色々不安を感じる隙を与えまいという雰囲気で
サクサク支度をして
アッという間にカメラは口の中に入ってきた。

オエーッというよりは
イテテテだったかな。
えづくポイントを避けてゴイゴイカメラを入れてくる感じ。
胃に収まってからはそれほどの不快感はなかったけど
さすがに胃の先(十二指腸?)の方まで行ったときは
ちょっと入れすぎなんじゃ・・とかオモタ。

途中何度か空気を入れる。
この空気
あとでゲップになってでてくるのかな~
それとも下からオ(略
などと
アホな心配をしていたら最後に空気を抜いてくれた。
そんなに空気が入っている感じがしていなかったけど
プシュ~ッとお腹が小さくなっていくのを感じながら気分爽快。
長々と体内に入っていたカメラがズル~ッと出されながらまた気分爽快。
意外な爽快感で私の胃カメラ初体験は締められました。

思い返してみると
最初のゼリー麻酔が一番辛かったかも^-^;

私は我慢強い方だし
手術も何回か経験しているので
こういう医療関係の検査等でパニックになることはないけど
辛い人には本当に辛い検査だろうなぁ・・としみじみ思いました。
ストレスで荒れた胃が,胃カメラのプレッシャーで更に悪化しそうだもん。
そういえば,旦那のおばあちゃんも
「(胃カメラのむくらいなら)死んだ方がマシ」と言っていたっけ。。
技術の進歩によって スコープが更に細くなることを望む。


b0015260_13515997.jpg


家に帰って,抹茶葛湯で一息。
いきなり食べると負担大きいからね。
(と言いつつ,昼にはピザ喰うたが・・)
 
 
[PR]
by lotus-moon | 2006-02-04 14:36 | アホなこと