A fish on the leaf of the banana.

soul food



私は仙台のお菓子が大好き
美味しいのはもちろんなのだが
子供の頃の記憶と深く結びついていて
食べていると何ともいえない気持ちになる。

のびちゃんが仙台へ行って
私の心のお菓子達を買ってきてくれた。
支倉焼きはのびちゃんちでいただいて
今日はお土産にもらった九重をひとりいただく。


b0015260_1456519.jpg


こんなツブツブを湯飲みに入れて
お湯を注ぐと


b0015260_14562466.jpg


シュワシュワ潰れながら浮いてきて
もれなくこんな柚子風呂状態になる。
この柚子の香りのする黄色い甘い液体を飲むわけだが
どことなくインスタントな雰囲気。

九重には「柚子」の他に「葡萄」「ひき茶」がある。
私はやっぱり柚子が好き。
別に楽しい思い出と結びついているわけではない
辛かったというのも違う気がする
ただ生きていた 小さな私の思い出の味。
もしかしてこういうのを「ソウルフード」と言ったりするのか。

子供達と一緒に九重を食したとき
「あ~この味,この香り。死ぬとききっと思い出すよ」と
思わず呟いたら
それ以来
「お母さんが死ぬとき食べるアレたべよ~」って言われるようになっちゃったよ。

 
[PR]
by lotus-moon | 2006-03-01 15:11 | 静かなこと