A fish on the leaf of the banana.

親だったら



昔々
私だったか 妹だったか 弟だったか
友達とのトラブルで
親が出ていかざるをえない状況になったとき
相手の親は頑なに
「ウチの子は絶対にそんなことをしない。悪いのはそっちだ」
と主張したことがあった。
我が家ではそんな相手の姿に
「アホか」という感想しかなかったわけで
さらに「ウチは自分の子供が正しいと胸を張って言えません」などと
これまた「アホか」な発言をしてきたらしい。

その子は明らかに嘘をついている
先生や他の人の前にはもう本当のことを打ち明けているのに
親の前でだけ嘘をつき続けて いい子を装って

それを見抜けずに
「ウチの子は絶対悪くない!」
と言う親。

自分の子供は嘘をつくし悪いこともする。
だから
「ウチの子は絶対悪くない」と絶対言わない親。

ちょっとそんな昔のことを思い出した。



私は
息子が嘘をつくことを知っている。
私の前ではいいコでいようとすることも。
息子だけが悪いわけではないが
息子が悪いということもよくわかっている。
そして
誰かが悪いということだけで片づけられる問題ではないことも。

だけど

息子は悪くない!どこも悪くない!
悪いのは全部相手だ!
なんでもかんでもウチの息子のせいにするな!と
心の中では叫びっぱなしで
それでいて

息子をちっとも信じていない。


最悪だ。
いっそそのまま叫んで
ただ信じてあげればいいのに。

 
[PR]
by lotus-moon | 2006-06-30 09:37 | アホなこと