A fish on the leaf of the banana.

どんど焼き 2007 ━ 炎上編 ━



もう やっちゃって!

の 願いが届いたのか
夜中に吹き荒れた暴風も(少しは)おさまり
なんとかどんど焼きは点火の運びとなりました。

b0015260_23194937.jpg







でも 
じゅ~ぶん 寒いのよ。
子供たちにはスキーウェアを着せて
完全防寒スタイルで臨んでも・・寒いの。


火は燃えていたさ。

b0015260_23205082.jpg

だけど
暴風はおさまっても強風が吹き荒れる中で点火したので

燃える もえる   風下側だけね。

立ち上がる煙が激しすぎて
風上にしか場所取りできず
さりとて風上では火の暖かさも届かない。

暖を取ろうと
遠赤外線の及ぶ範囲まで近づこうものなら

b0015260_23215224.jpg

竹が爆ぜて
ギャ!!  と なったり。


こうなったら
お神酒で身体を暖めるしかありません。

b0015260_2323249.jpg

つまみはいつもなぜか  竹輪。










b0015260_23242872.jpg













b0015260_23253137.jpg


てっぺんのヒラヒラ(名前を知らない・・)
が燃えないとどんど焼きは終わらないらしいのだが
どうしてもそこに炎がとどかない。
結局最後は
一人の勇者が現れて(おじさんの姿をしていた)
おんべの風上側、火の回っていない方によじ登り
御神木を引き倒すという荒業にでた。


b0015260_2326573.jpg


勇者の偉業に
お~ なんて
みんながどよめき
ヒラヒラが燃えて拍手が起こる。

そしたら今度は
餅焼きの為のおき作りにサクッと切り替わって

b0015260_23273616.jpg

灯油をかける かける。

子供たち用の小さな焚き火にも

b0015260_23283336.jpg

燃料投下!



子供たちはこういう機会思う存分火遊びををするがよい。

b0015260_2329957.jpg

空が白む頃 餅焼きが始まる。
 
[PR]
by lotus-moon | 2007-01-07 23:50 | 楽しいこと