A fish on the leaf of the banana.

RISTORANTEの母娘




松本へ行く用事があったので
母をランチに誘った。

父と母が住むアパートの近くにある
美味しいと評判のイタリアンの店。
ランチタイムはいつも満席で外で待っている人もいるというので
少し早めにお店に行った。

私たちが席について、そのあとすぐ満席となり
窓の外には順番を待つ人たちが・・
ぎりぎりセーフだね と二人にんまり。

ランチメニューはパスタのみ。
パスタにサラダとフォカッチャとドリンクがつく。
せっかくなのでドルチェもオーダーする私たち。

そんなに広くない店内に
厨房ではシェフが黙々と料理を作って
多分、奥様が注文をとったり料理を運んだりテキパキと働いている。
こういう店ではカウンターに座ってシェフの手際に見惚れたいのだが
残念 席は選べませんでした。

b0015260_1543535.jpg

「上にのっているのはボイルしたキャンディーキャベツでございます」
そう言われたのだけど
キャンディーキャベツって何だろう。
飴のように甘いキャベツなのだろうか?
しかし
甘さよりも すごいシャキシャキ感にびっくり。
サラダが いかにも「おまけ」ではなくて
こんな風に美味しいととてもうれしくなる。

b0015260_1547305.jpg

母のパスタはハーブチキンがのったジェノベーゼ。

b0015260_15483164.jpg

私は4種類のチーズを使ったクリームソースのパスタ。
ここのパスタは生パスタなのでモチモチのありがたい食感でした。
ソースが美味しくておいしくて
残すのがもったいない私は母から奪ったフォカッチャで
きれいに 完全に 拭き取り いただきましたよ。。

食後のコーヒーについてきたお砂糖たち。

b0015260_15491635.jpg

ビンに入っているのは塩かと思ったら
グラニュ糖でした。(当たり前か)

b0015260_15562876.jpg

せっかく用意されたかわいいお砂糖たちだったけど
キャラメル風味のカプチーノはそのままでも充分甘くて美味しかった。

b0015260_15574339.jpg

ドルチェは
小さなケーキが6種類。

b0015260_1632599.jpg

目にも楽しく
色んな味を少しずつというのが幸せ。

今頃家で私が用意したカレー(しかもレトルト)を食べているであろう旦那に心の中で
「すまん!今度一緒に来ようじゃないか!」と謝り
息子たちの顔を思い浮かべて
「いつか彼女と来るがよい・・」と語りかけ

b0015260_1642778.jpg

最後の最後で
ずっと気になっていたこの黒いお砂糖を二人で頬張って

b0015260_1654810.jpg

「黒砂糖だね」と納得して店を出た母と娘でした。

 
[PR]
by lotus-moon | 2007-03-15 16:48 | 楽しいこと