A fish on the leaf of the banana.

カテゴリ:驚いたこと( 141 )

五月の雪



旦那の実家は豪雪地帯といわれるところだけど
5月に入ってもこんなに雪が残っているのは珍しいみたい。
それでも雪が残っているのは
山の上の方や田んぼや畑。


b0015260_13141340.jpg


道には全然雪は残っていません。
通行止めの理由は
ガードレールを外したまま(外さないと雪で折れてしまう)
折れた木が道路を塞いでいる等々。
あ,それと熊。


b0015260_13194530.jpg


残った雪が黒いのは
早く溶かすために炭を撒いているから。
こんな風に上を歩いても平気です。

危ないのは用水路の上。
ボコッと陥没して落ちたりしたら助かりません。。


b0015260_1320256.jpg


山の畑の
二本の樹さん。
どんな季節でも
あの樹のある風景が大好き。


b0015260_13201458.jpg


人参を収穫するために除雪している。
秋に収穫せずに雪の下で越冬した人参は
オレンジ色も鮮やかでとても甘い。


b0015260_13202837.jpg


季節の移り変わりは駆け足だったり
ゆっくりだったり
だけどみんなちゃんと知っている。


息子
ジャリジャリの雪で雪玉作成。


b0015260_13204115.jpg


果敢に父を攻めるも
その後容赦ない反撃に遭い半泣き。
彼の名誉のためにも写真割愛。

 
[PR]
by lotus-moon | 2006-05-10 13:38 | 驚いたこと

首が・・



昨日の夕方から猛烈な北風がやってきて
夜半過ぎてもガタガタと家を揺らすほどの風は吹き荒れていた。

今朝は
夕べの風などなかったように眩しくて静か・・だけど


b0015260_6543938.jpg


チューリップの首が!!
(無風状態での撮影)


b0015260_6545712.jpg


反対方向から。
うう  惨い。


b0015260_6551086.jpg


普段,南からの強風にばかり晒されていたから
こっち向きに免疫がなかったのね。
地面からたっぷりお水を吸って
ポカポカお日様パワーで真っ直ぐに戻れるといいね。


鉄扇がいつのまにかたくさんの蕾を付けていた。


b0015260_6552751.jpg


連休後半
それぞれの実家で過ごして帰ってきたら
花が咲いているかも。。
[PR]
by lotus-moon | 2006-05-03 07:04 | 驚いたこと

朝から停電



夏も近づく八十八夜な今日この頃
遠雷の鳴る朝です,こんにちは。

なんて呑気に書き込んでいたら
雷雲はすでに頭上に来ていたようで



b0015260_885921.jpg



嵐前の黄色くて暗い庭の写真を撮ったところで
いきなりの停電をお見舞いされました。
豪雨と雹と雷をひとしきり空から降らせて
パソコンを立ち上げなおしたところで
ナイスなタイミングの停電がもう一回。。(TдT)

今はまた
最初のような遠雷に戻りつつあります。



b0015260_8102850.jpg



花の終わりが近づいていたチューリップは
もれなくとどめを刺された模様。

この天気
なんでしょうね。
[PR]
by lotus-moon | 2006-05-02 08:24 | 驚いたこと

学校桜が・・



我が家は新聞を取っていないし
普段電車を使わないので
こんな広告や駅のポスターがあったなんて知らなかった。
リクルート社の企画のひとつみたいだけど





日本一は自称じゃなかったんだ。。




 
[PR]
by lotus-moon | 2006-04-19 15:14 | 驚いたこと

いつのまにか・・



またまた放置で 弥生も終わってしまいました。
雪の残る実家から
県南の自宅に戻ったら
風に乗って花の香りがするので 嬉しびっくり。

長かった怒濤の春休みも今日で終わり。
明日はいよいよ新学期なのですが
忙しさをイイワケに何も準備をしていないので
今日が怒濤の総仕上げになるのでしょうか。。



実家でシャボン玉遊びをしたときの写真ですが


b0015260_841278.jpg


なぜか妙な体勢で吹いております。


b0015260_842344.jpg


シャボン玉が消えずに
アスファルトに水玉を作っていくからなんだそうな。


b0015260_84372.jpg


 
[PR]
by lotus-moon | 2006-04-05 08:14 | 驚いたこと

戻りすぎ



花冷え どころじゃありません。

あれ 春はまだだったのか・・ムニャムニャ

目覚めたみんなが また眠ってしまいそうです。




b0015260_1027990.jpg



 
[PR]
by lotus-moon | 2006-03-30 10:29 | 驚いたこと

チャイナタウン



フェリーを間違えて
ニュージャージー側ではなくマンハッタンに到着した私たち。
今からまたフェリーに乗って(寒い中並んで)
リバティ島に行き
また寒い中並んで車のとめてあるリバティー・ステイト・パークに戻るのは
時間のロスが多いということで
そのままタクシーでチャイナタウンに向かうことにした。



b0015260_1563714.jpg



それにしても
見上げるビル群の素敵なこと!
私は古いビルディングが大好きなので
もう頭の中に色んな物質があふれまくっている状態。
ひとり静かに大興奮。



b0015260_1575226.jpg








b0015260_1584171.jpg



お昼もかなり回っていたので
NYで一番飲茶が美味しい
と入り口に書いてあった店に入る。
飲茶は当たりはずれがあるからなぁ・・と妹は心配していたけれど。



b0015260_15104084.jpg



このお箸,すごく使いにくかった。
菜箸くらいの長さで,先が細くなっていない。
しかも重いしプラスチックなので滑るし・・
お箸使いで困ったことのない私が
結局何もつかめず手で食べました。。

飲茶はとっても美味しかったです。
でもね
別の部分で外しました。



b0015260_15105051.jpg



私たちが店に入ったのは午後四時少し前。
飲茶は四時までとあったので
ちゃんとお店の人に確認してから飲茶を頼んだのだが・・
飲茶ワゴンが2回まわってきた後は音沙汰無し。
時間も時間だったので
私たちの後に入ってきた客は通常メニューを頼みそれを食べている。
私たちだけが取り残された状態。

地下にあるトイレに行く途中,厨房の横を通ったら
従業員の皆様休息タイムにおもいっきり入っているし。

あのー
私たちの飲茶どうなっちゃうのでしょうか?

こっちが尋ねてやっと
もうワゴンは回ってこないことを教えてもらった。
全然食べ足りなかった私たちはメニュー表から直接何種類かを注文して

えー
なんで一声かけてくれないの?
教えてくれたっていいよねー
とヤイヤイ文句を言いながら
それでもやっぱりその店の飲茶は美味しくて
本当に「なんだかなー」という気分で店を出た。



b0015260_1511241.jpg



妹が言うには
最初に私たちが店に入ったとき
お店の人が中国語で妹に話しかけてきて
妹が「わからない」と言った時点で終わっていたそうだ。

そういうものなのかなぁ。
[PR]
by lotus-moon | 2006-03-29 15:41 | 驚いたこと

自由の女神



アメリカ滞在二日目。
な~んにも考えないでやって来た私達に代わって
妹夫婦が綿密な観光プランを練っていてくれた。

自由の女神像のあるリバティー・アイランドへは
ローアー・マンハッタンのバッテリー・パークと
ニュー・ジャージーのリバティー・ステイト・パークから定期的に出ている
フェリーに乗って行く。
私たちはリバティー・ステイト・パークに車を停めて
そこからフェリーに乗った。
土曜だったのでフェリーはかなりの待ち時間
しかも荷物&身体検査もあったりして
そう簡単に女神様には会わせてもらえない。


抜けるような青空ですが
非常に寒かったです。しかも強風。



b0015260_10594147.jpg







b0015260_10595216.jpg







b0015260_11035.jpg



見上げる女神様はなかなかの迫力。

息子は
「ウンコ持っているのかと思ったらソフトクリームだった」などと
恐れを知らないこと言ってるし
(今再確認したら「ソフトクリームだと思ったら灯りだった」と・・ホッ。
 「でもやっぱりウンコだった」って。おまえ・・)
私は私で牛久大仏を隣に並べて思い描いたり。

小さな島をグルリと歩いた後
帰りのフェリーを吹きさらしの桟橋で凍えながら待つ。
リバティー・ステイト・パークに戻ったら
車でチャイナタウンにGO!の予定なのだ。




フェリー間違えました。



さっきと違う船だね~
帰りは何だか遠いね~



・・・だって間違えたんだもん。



b0015260_1105174.gif


いきなりマンハッタンに到着。
どうする!

 
[PR]
by lotus-moon | 2006-03-29 11:15 | 驚いたこと

自宅に戻って



ひと息つく間も惜しんでプールに行って来た私。
自分でも「いきなり何だよ」って感じです。
でも
春休みで子供が一緒だからしばらく行けそうにないし
乗り物に乗りっぱなしで凝り固まった体をほぐしたかったし
思い切って下の子を迎えに行くまでの空き時間
少しだけプールを歩いてきました。
気持ちよかった~
体はなまりまくっていたけど
歩いているうちにむくみがとれていくのがよくわかって・・
極楽極楽。


自宅に戻って驚いたこと。

庭にたくさん花が植えてあった。
道端の梅の花が咲いていた。
居間の壁に旦那が開けた大穴が修復されていた。
下の子が
私のいない間に寂しがって泣いたりしなかったと報告してくれたこと(驚&嬉&寂




b0015260_14391916.jpg


 
[PR]
by lotus-moon | 2006-03-23 14:43 | 驚いたこと

名字



旦那が町のプールへ初めて行たのだが
受付で名前を書いたら
「奥様から聞いてご存知だと思いますが・・」と
施設利用の説明をされたらしい。

いきなりだったので
旦那はビックリして
「どうしてわかるのですか?」と聞いてみると
「めずらしい名字だから」と言われたそうだ。

どうだろ・・私の名字。
特に変わっているとは思わないけど
この辺では珍しいのかな。
「原さん」じゃないから目立ったのかな・・
(町民の何割かは原さんだと思う)

恐るべし・・

 
[PR]
by lotus-moon | 2006-02-24 21:02 | 驚いたこと